紬の産地

紬の産地

「紬」と言われてすぐに思いつくのは「大島紬」か「結城紬」ではないでしょうか。久屋やスピード買取等の和服買取やリサイクルでも質が良いの人気な種類ですが、実は紬の産地は沢山。今回は、紬の産地をいくつかご紹介します。

 

紬の産地

 

大島紬

主な生産地は奄美大島です。衣の擦れる音と質感、細かい十字の絣の精巧な柄行が人気の日本代表する紬の1つです。

 

結城紬

茨城県結城市と隣接する栃木県の一部で織られています。本場結城はふわふわとした肌触りは、よりをかけない糸を使う事で出来るそうです。

 

信州紬

長野県の紬の総称です。
「上田紬」「伊那紬」「飯田紬」が代表的な物です。

 

牛首紬

石川県の旧牛首地方である現在の石川県白山市白峰地区の紬です。
「釘に引っ掛けても破れず、釘が抜けるほど丈夫」だと例えられることも。

 

郡上紬

岐阜県郡上市が産地の紬。深みがある色味としっかりした堅牢の織りが特徴です。

 

新潟の紬
小千谷紬

麻織物の「小千谷縮」の技法を生かして生まれた絹織物です。真綿手紡ぎ糸を使用しているので、軽くて柔らかいのが特徴。優しい着心地の紬です。

 

十日町紬

古くから絣文様や縞文様にこだわってきた十日町が、手織りにこだわらずに機械を導入しました。懐の優しい着物づくりを積極的に行い、伝統に囚われない柄行や色合いの物を作っています。

 

塩沢紬・本塩沢

塩沢紬が柔らかい風合いの物に対して、本塩沢は強い撚りをかけて織るのでしぼりのあるサラッとした風合いがあります。

 

山形の紬
米沢紬

ジャカード織りやドビー織りも盛ん。「紅花紬」は、化学染料が普及したことによって絶滅したのですが復活して出来た物です。淡いピンク色が代表的な物です。

 

長井紬

「括り」「摺り込み」「割り込み」等の様々な技法を用いて文様や色彩を表現している物です。庶民の知恵から生まれた「ぜんまい紬」もここが有名です。また、沖縄の紬の井桁や鳥の絣を模した「米琉紬」も米沢と白鷹に比べると生産量が最も多いです。

 

白鷹紬

強撚糸によってしぼりのある、サラッとした風合いの高級な織物です。絣文様が特徴。「ぶっかけ染め」で絣糸を染めます。

 

こうしてみると紬と一言で言っても沢山ありますよね。私は、十日町紬に好みの柄行がありました。この他にも紬の産地はありますが、それはまたの機会に紹介します。
上記の紬は資料館や工房で見ることも出来るので興味のある方は行ってみてください。小物を制作出来たり、ショップで購入したり出来るので素敵な物に出会えるかもしれません。
スピード買取でも、紬は高値で買取ってもらいやすい着物でもあります。

 

>>スピード買取の公式サイトはコチラから