着物・和服を処分する前にスピード買取.jpで着物買取

着物・和服を処分する前にスピード買取.jpで着物買取

保存方法で年に数回の風通しなどを怠ると、せっかくのよい着物にカビが生えてしまうこともあります。

 

若い頃の着物は可愛すぎて着れなかったり、子ども用にと大切にしまっておいたら、背が高く七分袖になりサイズが全く合わないということも…。

 

仕立てた時の金額を考えるともったいなくなってしまいますよね。
もっと気軽に着物を着られるようにならなければ、それこそタンスに眠ったままゆくゆくは処分しなければならなくなるでしょう。

 

最近、リサイクルで中古の着物を販売しているお店があります。
スピード買取.jp等、口コミ評価の高いところはもっと若い人が気軽に着物を着てほしいとは思います。着物がまた新しいステージで注目を集めることになるでしょう。

 

着物で行きたい観光スポット

先日、京都旅行に行ったときに、西陣織会館に行って、西陣織の実物やできる過程などを見学してきました。そのときに、一番心を惹かれたのは、着物ショー。友禅染の着物に西陣織の帯をしめて、着物のことには詳しくないけれど、目がはなせなくなるほど美しい。とても見とれてしまいました。

 

浴衣は花火大会などのときに着ることはあっても、着物は成人式の振り袖以来着ていない…でも、今回目の前で美しい着物姿を見てみると、やっぱり自分も着てみたい!という気持ちがむくむくと。

 

例えばどんなところが着物に似合うかな…

メジャーなところでは、京都でしょうか。着物を着て歩いてみよう!みたいなお店もたくさんあるみたいだし。他には、地元広島県の宮島とか。あまり人が多くない時期で晴れた日にのんびりお散歩がしてみたい。あとは、倉敷の美観地区かなぁ。川沿いをゆったりと歩いてみたいな。景色が美しくて、落ち着いた気持ちになれるところが似合いそう。

 

2017年に開催されるイベントにはこんなものがあります。

 

ECO EDO 日本橋 2017 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜

・2017年7月7日〜9月24日
・江戸時代に生まれた「涼」を取る工夫を現代版にアレンジ、スイーツや納涼文化を五感で体感できるイベントもあり。

 

ECO EDO 日本橋 2017 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜

・2017年7月1日〜9月10日
・「恋あかり」という、特製のぼんぼりもあり、縁結びの神様ともされる川越氷川神社でクラフトビールCOEDO」の「恋あかり特製ビールを楽しんだり、町歩きデートを楽しんだりできます。

 

スピード買取.jpで要らない着物を売ったら、そのお金で素敵な浴衣を買う楽しみもできます。古き良き日本の文化を楽しみたいですね。

 

>>スピード買取の公式サイトはコチラから