半襟でおしゃれに/スピード買取を楽しむ

着物初心者だと、売られているセットそのままの方が大半。
おしゃれにするところまで気がいかなかったりしますよね。

 

最近は着物そのものもジーンズ生地の物があったりもしますが、衿も沢山の種類があって、そこを着物や気分に合わせて付け替えたり出来ます。
色々なサイトを見て回ると、こんなに半襟って種類があるのだと驚きました。

 

半衿って何?

そもそも半襟が分からないという方に簡単に説明すると、半襟は着物を着た時に首に一番近い部分で、デフォルトは白色です。

 

そこに手縫いで色々な半襟という物を付けておしゃれにしていくのです。
本来は、襦袢を皮脂等から守る為、また着物を汚れから守る為の物ですが、和服のおしゃれを楽しめる場所でもあります。
重ね襟と呼ばれることもありますが、重ね襟は、おめでたい時という違いがあります。(今回は全て半襟と表記します。)

 

半襟をつけよう

半襟を付けるのにも和裁の知識が必要です。
といっても、難しいものではありません。

 

縫い目が出ない縫い方ができればOKです。
親切なことに、YouTubeの動画でもあるので大丈夫です。

 

半襟にも色々だと言いましたが、例えば「ビーズ半襟」。
フォーマルにも使える「正絹半襟」「洗える半襟」「リバーシブル半襟」「ちりめん半襟」等もあります。また、色も柄も沢山あります。

 

「ピンク」「藤色」「黒」「オレンジ」、「桜柄」「市松模様」「藤柄」「レトロモダン」等ここにあげただけでもこれだけあります。勿論、振袖用もあるので成人式の時にも使えるので自分好みなモノをつけるとオシャレが際立ちます。

 

動画があると先程書きましたが縫い方は動画の方が分かりやすいので縫う前のポイントを紹介します。

 

半襟を縫う前のポイント

 

?『アイロン』が肝心です。

全体的にまず、アイロンがけをします。
折り目等の所もきちんとアイロンで折り目を付けておきます。

 

?縫う前は、必ず『待ち針』で止めます。

面倒ですが仕上がりに響きます。

 

?縫う際は、中心から端に向かって縫います。

ポイントをおさえて半襟縫いにチャレンジしてみてください。

 

その他に、七五三の三歳だと襦袢を着ないのですが、三歳用の半襟もあるそうです。
よ。半襟を付けるだけでも、バリエーション豊かにおしゃれを楽しめるので何種類か購入して着物や気分によって付け替えを楽しんでみてくださいね。

 

若い現代着物作家さんでもある重宗玉緒さんの2017年新作浴衣受注展示会がマッシュノートであ始まったようです。
新作だけではなく、振袖や帯・着物や和装小物や他のクリエイターさんのアクセサリーや小物販売・展示もあるようなので、年齢は合わないかもしれませんが、気になります…。

 

渋谷の神宮前って、こういう感じの展覧会やアパレルショップのイベントが多い気がします。

 

>>スピード買取の公式サイトはコチラから