バイセルの着物買取の口コミや評判/高額買取のコツは?


手数料・キャンセル料・査定も無料! 坂上忍さんのCMで口コミのバイセル着物買取
>>バイセル公式サイト

バイセルの着物買取の口コミや評判/高額買取のコツは?

 

この画像は、バイセルの公式ホームページにあるものですが、本当にこんな効果な買取はあるのでしょうか?
実際に買い取ってもらった方の口コミや評判としては、下記のようなものがあります。

 

 

成人式の振袖をレンタルするつもりでしたが、祖母がせっかくだからと購入してくれました。ですが、その後着る機会もなく、引越しを控えていたので買取をお願いしました。きれいな状態で着物を保管していたのが良かったみたいで、査定員さんに着物をほめてもらえて嬉しかったです。
(千葉県にて出張買取を利用、40〜50代女性)


 

 

趣味の日本舞踊で使っていた着物。
娘も好みに合わず処分に困っていましたが、査定金額の説明も丁寧でバイセルjpさんに買取ってもらえてよかった。
友人にも勧めようと思います。
(兵庫県にて出張買取を利用、50代女性)


 

バイセル.jpの口コミ、まだまだあります!

 

近所のリサイクルショップでは、作家物の友禅でも買取NGでした。
バイセルjpは、査定も丁寧でほぼすべての着物に値段がつきました。やっぱり着物に詳しい業者さんの買取がいいと思いました。
(50代・東京都)

 

祖母が使わなくなった女性用着物・帯・和装小物を出張買取でお願いしました。
意外と良い金額で、祖母と一緒に喜んでいます。クーリングオフについても、きちんと説明してもらえました。捨てる前にまた使いたいです。
(40代・岐阜県)

 

加齢で身体が思うように動かないなか、スタッフの方がすべて作業をこなしてくれて楽でした。
(70代・宮城県)

 

電話してから3時間ほどで着てくれました。
出張費もタダで嬉しいサービスで、祖母のたくさんの遺品着物を買取ってもらえました。
(50代・佐賀県)

 

和装関連の仕事をしていた時の着物を売りました。
私の話もしっかりと耳を傾けてくださって、良い時間になりました。
(30代・東京都)

 

有名作家の着物は1枚も無かったのに、保管状態が良かったということで高値で買い取ってもらえました。大切に保管してきたことをしっかり評価してもらえて嬉しく、また利用したいです。
(50代・大阪府)

 

着物の買取方法


バイセルではこの3つの買取方法を選択できます。
もちろん、どの買取方法でも無料査定してくれます。

 

・出張買取
・宅配買取
・店頭買取

 

どの場合も、査定金額に納得しない場合は無料キャンセルもできるうえ、あとで「やっぱりやめとけば良かった…」と思ったら7日以内のクーリングオフ制度もしっかり案内してもらえるので安心。見積もりは最短30分、自宅までの出張も無料です。
それぞれの流れはこうなっています。

 

 

手数料・キャンセル料・査定も無料!
坂上忍さんのCMで口コミのバイセル

 

>>バイセル.jp[着物買取]

 

出張買取の流れ

全国どこでも、最短30分で着てくれる無料出張査定です。
1、申込み
2、自宅査定
3、現金受取り

 

宅配買取の流れ

1、申込み
2、「宅配査定書類一式」が届くので必要事項を記入してバイセルに送る。(送料無料)
3、査定金額を電話で聞く
4、指定口座に即日振込

 

店頭買取(持込買取)の流れ

持ち込み買取は予約必須となります。
1、申込み・予約
2、その場で査定
3、その場で現金受取

 

持ち込み買取の場所

持ち込み買取のできる場所は、下記3つの支店です。

 

◎バイセル.jp 東京本店
東京都東京都新宿区四谷4丁目28番8号 PALTビル8F
(メトロ・四谷三丁目と新宿五円前の間くらい)

 

◎バイセル.jp 大阪支店
大阪府大阪市西靱本1丁目7-22 SKKビル7F
(地下鉄・本町と肥後橋の間くらい)

 

◎バイセル.jp 名古屋支店
愛知県名古屋市東区代官町16-17 アーク代官町ビルディング8F
(地下鉄・高岳駅が最寄り駅)

 

《注意事項》本人確認書類が必要です!
ブックオフ等の古本屋もそうですが、バイセル.jpの買取にも出張・宅配・店頭のいずれでも本人確認書類が必要です。運転免許証・パスポート・健康保険証・外国人登録証のどれかは用意しておきましょう。

 

 

バイセルは、ただのリサイクル業者ではありません。
和服や着物などを中心に使っているので、近くの何でもリサイクルショップでは断られてしまった着物や帯なども買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

この6つすべてが無料!

バイセル.jpでは、気になるこれらすべてが無料となっています。
中には、他の業者だと金額が発生するものもありますがバイセルなら無料。

 

見積もり・相談無料!

相談や見積もり段階では一切無料です。
宅配に着てもらっただけで金額を請求される、手数料がかかるということもないから安心です。

査定無料

査定をするのは専門スタッフ。

出張無料

バイセルのスゴイ所は、全国どこでも無料出張があるところです。
もちろん、宅配や持ち込みもOKです。

配送料無料!

査定に送る着物の送料はバイセルが負担してくれます。

さらにキャンセルも無料!

時間をかけて自宅まで来て査定してもらったけど、気が変わってまだ大切に保管していたい…。
そんな時でも大丈夫です。査定後のキャンセルや事務手数料などは一切かかりません。

買取手数料も無料!

事務手数料や出張費などもかかりません。

 

バイセルで買い取ってもらえる着物・和装の一例

留袖/振袖/訪問着や付け下げ/色無地/小紋/紬(つむぎ)/江戸小紋の紋付/小紋友禅/男着物/浴衣/下駄/袋帯/名古屋帯/京帯/洒落袋帯/半幅帯/紋付き/喪服/礼服/簪(かんざし)/
草履/帯留め

 

着物にも種類がありますが、帯留め等の小物も宝石や彫刻、鋳金、陶器、木彫りや珊瑚等の素材によっても金額が変わってきます。この他、バッグも革製や絹織物、西陣織バッグ等、価値の高いものもあります。「これはどう?」と思うものは一度一緒に査定してもらうと、思わぬ金額アップがあるかもしれません。

 

この他、江戸時代や明治時代、大正や昭和初期の、いわゆる「アンティーク着物」と呼ばれる和服の買取も行われています。1点から査定OK、買取日までに追加で査定の数が増える場合も一緒に査定してくれます。

 

リサイクルショップや質屋さんでは意外と売れない和服着物

着物をいざ売ろうと思っても、着物を買い取ってくれるお店は意外と多くありません。
良い着物でも、リサイクルショップや買取店で断られたり、ネットで調べてもなかなか着物を取り扱う業者自体が少なかったり、「コレなら自分で処分する方がマシ」という安い金額だと、正直途方にくれてしまいますよね。

 

銀座今昔きもの大市や神楽坂きものフリマ、きものサローネ in 日本橋、掘り出しきもの祭りといったイベントに出品者として参加する事も可能ですが、現実的な方法ではありませんよね。
大手ネットオークションとして有名なヤフーオークションを使うという手もありますが、登録や梱包、送料の計算やダンボールの用意など、いざ出品しようとするとなかなか大変。

 

和服は洋服と違い重さがあるので、店舗への持ち込みだけでも一苦労。
大変な想いをして実店舗に持って行っても、値段がつかなかったり業者からは迷惑がられてしまったらいいことがありません。

 

思い出深い和服・大切な着物を売るなら、信頼できて評判がいい買取業者さんがいいですよね。
その点、インターネットの宅配業者さんは、積極的に良い着物を買取りたいという姿勢があり、安心です。

 

高額査定になりやすいのはどんな和服?

最近では和服の素材としてウールや化学繊維、綿などもあり「洗える着物」等も登場していますが、やっぱり正絹で状態の良い和服は高額買取の期待は高まります。

 

由水十久さんや羽田登喜男さん、百貫華峰さんや木村雨山さんや城ノ口みゑさんや志村ふくみといった人間国宝の方が作られた和服や有名作家さんの和服、国宝級の染織作家さんの作品、結城や大島等の有名産地、着丈が4尺以上あったりと、長めのものも汎用性があって好まれる傾向があります。

 

中には正倉院や法隆寺にのこる、古代織物といわれる織りを再現された北村武資さんもいらっしゃるので、着物って奥が深いです。

 

現在の「着物」の形が出来たのは、紫式部や清少納言が活躍した平安時代からとされています。たしかに十二単は着物のカタチをしていますよね。

 

近年では、京都は清水寺や祇園では、外国人向けの着物のレンタルと着付けサービスもあります。アメリカの人気ポップ歌手のテイラー・スウィフトも舞妓体験をされたとか。和服をユネスコの無形文化遺産(世界遺産)にしよう!という活動もあるんですよ。歴史が長くて大切にしたい日本の文化ですが、それだけに価値の分かる買取業者さんにお願いしたいものです。

 

高額買取のコツはある?高く売るために注意してい点とは

和服を売るなら、高く売りたいですよね。
普段来ている洋服にもブランドや高い・安いがあるのと同じで、和服にも質や人気によって買取金額は変わってきます。バイセル.jpで着物を高く買い取ってもらうポイント、高額を期待できるものというのはある程度ルールがあります。

 

有名作家・人間国宝・有名産地の着物や帯

一口に「着物」といっても、洋服と同じように「ブランド」に対応するものがあります。
普段着る洋服や小物も、エルメスやヴィトンなどは高級ブランドで高く売れますが、これは着物も同じことです。

 

熊谷好博子さんや高久空木さん、栗山吉三郎さんや田島比呂子さん、北村武資さんや喜多川平朗さんといった人間国宝や有名作家さん、越後上布や宮古上布といった重要無形文化財に登録されている着物や帯は高い金額で買取ってもらえることが多いです。
この他、芭蕉布や結城紬、博多織や佐波理綴、芭蕉布の名古屋帯といった有名産地の帯も高額で買取ってもらえる可能性が高いです。

 

中には、買取金額で15万円から20万円以上の高額価格がつくものも。

 

証紙があるかどうか

証紙というのは、着物の品質を保証・証明できる紙です。
登録商用や品質証明書、本物かどうかを見分ける目印になります。

 

安い着物にはありませんが、有名作家さんや高級な着物には何らかの証紙がついています。
ほとんどの場合は呉服店の「たとう紙」の中に大切に包まれています。

 

織物工業組合等が出している証紙、正絹シール、伝統工芸品マークなどがあります。
京都産の友禅染、石川県の加賀友禅、鹿児島県の大島紬、茨木の結城紬などには、伝統工芸品マークがついています。(伝統工芸品マークは、下が日の丸のようになっている縦長のマークです。)

 

シャネルやプラダ、グッチなどの「ハイブランド」と呼ばれるブランドアイテムを売るときには、レシート、領収証やギャランティーカードがないと買取ってくれないお店もありますが、これも同じです。

 

これらの証明書がなくても、目利きの効く専門の方なら本物が分かることもありますが、バイセル.jpの着物買取でも証紙があるにこしたことはありません。

 

たとう紙があれば、たとう紙ごと査定してもらう

たとう紙(たとうし)とは、着物を包んでいる保管用の紙のことをいいます。
着物をつつみ、二箇所ほどに縛るための紐がついているものが多い縦長の保管容姿。紙なので通気性もよく、湿気や汚れ、シワから着物を守る意味でも使われています。

 

別名、文庫紙や畳紙、多当紙。
稀に「四つ手」とも呼ばれるようですが、たとう紙を広げると上下左右に手が広がるように見えることから来ているのでしょうね。

 

このたとう紙には呉服店の住所や連絡先、検品済みかどうかといった情報も記されています。
呉服店によっては金箔加工があるものもあり、着物の出処がより詳しく分かるものとなっています。

 

バイセル.jp買取や査定に出す際には、たとう紙も一緒に出すことをオススメします。口コミ評判でもこれはまま言われることです。

 

着物の専門的な買取業者かどうか

基本的なことですが、買取業者にもそれなりの知識が要求されます。
上記内容を満たしている和服だとしても、その価値が分からない業者さんだと高額で買取ってもらうことは難しいです。バイセル.jpのような「着物」を専門的に扱っている買取業者で売るというのはとても大切なのです。

 

この他の基本事項

この他、着物の高額査定を狙うための基本的なこととしては下記のようなポイントがあります。

 

・シミやシワがない
・未使用
・丈が長い
・正絹である

 

どんなに良いもので、タンスに眠っていたら分かりません。
一度、専門的な買取業者さんにお願いできるといいですね。

 

バイセルってどんな会社?

バイセル.jpは全国どこでも、最短30分で無料の出張買取も行われています。現金即払いもあり査定やキャンセルも無料、クーリングオフ制度もあるので安心です。

 

資本金は4千万円、従業員は450人以上、東京は新宿区に本社のある会社です。
この不況な中で新卒採用も中途採用も積極的に行っています。有名な俳優さんを使ったテレビCMも、しっかりした会社でないと作れません。
たまに悪質な着物買取業者の話を聞きますよね。「何でもいい」といって電話営業から始まり家に来てもらうと、こちらが買って欲しいものではなく「アクセサリーなどの金やゴールド系はないですか?」と盛んに聞いてくるというパターンを聞いたことがあります。しかし、バイセルではそのようなことはないので安心です。

 

高価買取の理由は、着物の販売店舗を持たない独自の販売ルートがあるから。土地代やテナント料のかかるショッピングビルや場所に着物ショップを持たないことで経費削減し、その分、他よりも高く買取ができるという面は大きいはずです。

 

また2020年の東京オリンピックに向けて和装が注目されていることもあり、中古着物・アンティーク着物の人気も上昇しています。着物は大切に保管してもカビができることもあるので、2017年〜2020年は着物を売る絶好のチャンスとも言えそう。
上記で紹介した口コミ以外にも、こんなバイセルの公式サイトでは下記のような満足度の高い口コミも数多く紹介されています。

 

・希望以上の金額になった
・誠実な印象の素敵な査定員で安心した、次も依頼します。
・親身に話をきいてくれた
・着物の知識も豊富で手慣れた手つきで安心して任せられた
・もっと早くに知りたかった
・着物の保管方法まで教えてくれた
・菊笠松模様の自慢の訪問着が満足する価格になった
・不安を取り除くくらいに丁寧な対応をしてもらえて

 

バイセルの口コミを見ていると、金額模ですが対応や査定時の説明に満足している方も多いです。
万が一の場合は無料キャンセルもできるので、一度相談してみるとスッキリしそうですね。

 

 

↓公式サイトです。
>>バイセル.jp[着物買取]

 

和服を売るなら/良心的な買取店の見分け方

お母さんやおばあさんが他界してから、もう数年が経ち、そろそろ和服ダンスの和服を分けたり処分しよう…と思っても、慣れないことは知らないことだらけ。

 

和服の買取業者はどこがいいのかも分からないですよね。

 

和服買取業者を選ぶ時にチェックしたい所

古物許可証を取得してるというのは大前提ですが、その他にも確認できる点はあります。

 

買取業者の会社は新しすぎないか

最近は、新規の買取業者やリサイクル業者もたくさんあります。
ただ、やはり信頼できるのは10年以上続いている会社が運営母体であるということ。

 

年数を続けているということは信頼の証です。
もし、その買取業者さんがクレームや悪評ばかりなら維持することは難しいからです。

 

この他、ホームページで古物許可証番号や住所、会社概要などがしっかりと公開されている等は基本事項です。

 

着物を専門的な目を持った人が買い取っているかどうか

他のページでも書きましたが、なんでも扱っている近所のリサイクルショップでは、雀の涙のような金額で査定さたり、人気作家さんの和服だとしても「買取対象外」と断られてしまったり。

 

同じ和服でも、きちんと着物を専門的に買い取っている所では、ゼロが一つ違う金額を提示してくれることもあります。
その違いは、和服の価値を分かっていて活かせる業者さんかどうか。
この違いは大きいです。

 

査定する人ならば、当然人気作家さんや人気ブランドの知識も持っている必要があります。
久米島紬や牛首紬、本場大島紬などのメジャーな和服や人間国宝の羽田登喜男さんや森口華弘さん、稲垣稔次郎や京友禅の松井青々さんといった方々も当然知っているはず。

 

着物買取を専門にしている業者さんなら、これらの高級着物は質もよいので高額で買い取ってもらえる期待値は高まります。

 

稀に、着物の基本的な言葉も知らない買取業者さんもいるとききます。
このような買取会社さんは、着物を専門的に買い取っていない可能性が大きいので避けるほうが無難。

 

まとめ

この他、信頼している友人や知人で和服買取の経験がある人がいたら聞いてみるのも一手。
ここがよかった、ここはどうだったというリアルな情報が分かるのでいいですよね。

 

このサイトで紹介している和服買取業者さんは、どれもこの条件を満たしています。
各会社を利用した方の口コミなどもそれぞれのホームページで紹介されているので参考にしてくださいね!