買取に出す前にチェックしておきたい点


手数料・キャンセル料・査定も無料! 坂上忍さんのCMで口コミのスピード買取
>>スピード買取.jp[着物買取]

買取に出す前にチェックしておきたい点

押入れや倉庫・和ダンスを整理していると出てくる昔の着物。
今のファストファッション等より生地が良いためか、良い状態で出てくることもあるんですよね。

 

坂上忍さんのバイセル.jpもそうですが、テレビCMで着物の宅配買取・ネット買取がある事を知りました。

 

着物買取、出す方も増えているみたいですね。
通販で3,000円位でも買えちゃうポリエステル素材だと高く買い取ってもらえないようですが、有名産地の着物や人気デザイナー、作家着物だとビックリする価値が残ってることもあるんですよね。

 

知人にも聞きましたが、着物をできるだけ高く買ってもらうコツのようなものを洗いざらい出してみました。

 

着物は良い状態かどうか

一にも二にも、着物の状態は重要です。
虫喰い・シミなどは、個人で粗かくしをしようとすると、生地が痛むこともあるのでオススメしません。

 

でも、簡単なホコリやゴミクズなどは個人でちょちょっと払えます。
ちょっとした汚れも鑑定でマイナス評価を受けることもあるので、バイセル.jpに出す前にすると良いですよ♪

 

見落としがちな匂いチェック!

押入れや桐タンスに入れていた和装には、防虫剤・その家庭独自の臭いが残っていることもあります。
風通しのよくないプラスチックケースも臭いがこもる原因となります。

 

査定で良からぬ評価につながりかねません。
あらかじめ、風通しの良い所で日陰干しできたらいいですね。

 

付属品のチェック!

和装小物ですね。
人間国宝レベルなど、高価な着物であればあるほど、セット物がある可能性も高いです。
産地が書かれている証明書や、購入したデパートのギャランティーカードなども大切な証明書となります。

 

「これはどうかしら?」と思う付属品か分からない用紙も、鑑定でプラスに働くことがあります。
分からなければ、見てもらうのが鉄則!

 

この他にも、帯や襦袢などが、こちらも一緒に見てもらうと値がつくこともあります。
総絞りの有松絞りの帯留めなんかも、昔のものって質が良いんですよね。

 

着物買取業者の選び方

古着物のケア方法はいくつか紹介しました。
最後のコレが最も重要かもしれません。

 

価値有るものでも、評価できる専門の着物査定員がいないとはじまりません。
外国人向けのお土産や国内需要の高まりで2018年も着物買取業者が増えている気がしますが、大前提として専門の着物買取業者へ持ち込むのがオススメです。高級着物・作家着物・正絹着物などは、プロの鑑定士しか分からない価値もあります。

 

地域によっては、近くに着物買取専門店がないこともあります。
でも、2018年にもなるとバイセル.jpのように、インターネットは宅配・出張買取してくれる良心的な所もあります。

 

テレビCMをしている程の所であれば、よほど変な業者もはいなずです。
地方や交通の便がよくない場所に住んでいても、使えるから便利ですよね。切手や貴金属の買取も、断捨離しつつ一掃できてお金になるのが気に入っています。