宅配・出張・持ち込みの流れ


手数料・キャンセル料・査定も無料! 坂上忍さんのCMで口コミのバイセル着物買取
>>バイセル公式サイト

宅配・出張・持ち込みの流れ

2018年現在、着物買取には大きく分けてこの3つの方法があります。

 

・宅配買取
・出張買取
・持ち込み買取

 

バイセル.jpや買取プレミアム、着物買取久屋などネットでの口コミ投稿も多い買取業者の、それぞれの流れをまとめてみました。

 

宅配買取・郵送買取

1、各公式ホームの「お問い合わせ」から。着物の郵送買取査定のお申し込みをします。
2、宅配キットのある着物買取業者なら、申し込むと「郵送キット」が届きます。
3、郵送キットに着物や和装小物を入れます。
4、買取申込書に記入し、身分証明書のコピーを同封して郵送します。
5、着物買取業者に到着後、査定
6、最終査定価格に納得できたら、金額を受け取れます。
7、指定の口座に即日入金されます。

 

◎郵送キットの有無・形態は、バイセル.jpや買取プレミアムなど業者さんによって違います。大抵は、ダンボール・クッション・買取申込書等がセットになっています。

 

事前査定が必要な場合も!
買取業者にもよりますが、宅配買取の前に事前査定が必須な所もあります。

 

出張買取

1、着物買取業者の公式サイトにある「お問い合わせ」から、出張買取査定のお申し込みをします。
2、自宅訪問日を予約します。
3、予約した日に、査定員が自宅で無料査定してくれます。
4、査定価格に納得できたら、買取交渉成立!
5、査定金額を受け取ります。

 

※査定に納得出来ず買取不成立になっても査定料は無料の場合がほとんどです。
※買取金額は、その日にもらえる買取屋さんと、後から銀行振込の場合などお店によって違います。

 

買取には身分証明書が必要となり、必要書類にサインなどをして完了です。

 

店頭買取

1、着物買取業者の持ち込み可能店に行きます。
2、査定をしてもらいます
3、金額がOKなら、買取成立!

 

※事前に予約が必要な所もあります。

 

どの方法でも言えること

◎18歳未満の場合、親権者の承諾書が必要です。
◎金額に納得がいかない場合、多くの査定会社では買取拒否することができます。
◎査定に納得出来ず返品を希望される場合の送料は、ご自身の負担となる場合がほとんどです。

 

細かい違いはありますが、大体はこんな感じで進んでいきます。

 

新しい着物や大きめのサイズのもの、きれいで生地のよいもの、有名作家のものなどは高価になることが多く期待できます。

 

タンスに眠っている黒紋付や留め袖、付下げなども良い値段が着くといいですね!